Hug

生きやすさの知恵袋

史上最悪の他人軸

こんばんは。sharkoです。f:id:komachi_emi:20210718202701p:plain

 

今日も暑かったですね。急な気温上昇に少し体がやられ気味なので今日は早寝をしたいと思います。

 

さて今日は、少し激しめの本音を書きたいと思います。

私は逞しく育てられたので自分が弱いことを認めたくなかったのですが、受け入れる事でたくさんの愛情に出会えたことも確かでした。

 

でもそれでも、これだけはしたくないと言う事があります。

それは自分の舵取りを放棄する事です。

 

他人軸を極めると不幸以外の何物でもないように見えるからです。

感情まで誰かに依存してしまう事の不幸をお話したいと思います。

 

 

 

自分ができないところを相手が補い、相手ができない事を自分が補う事で健全な相互依存になると言うお話を前にしました。

 

実はこれにはちょっとした前提があります。

 

よくある光景として、片方のパートナーがもう片方を重いと感じること。

友達関係でも起きる事ですね。

 

それは何が起きているかと言うと、原因の一つに、「感情まで相手に委ねてしまう」「相手を変えようとする」ことがあります。

 

起きている問題と感情を分けて考えることは大切なのですが、そこは密接であるためにとても難しいことです。

 

人は感情をベースに快不快を決定しているために、感情に焦点が当たり、感情的になりすぎると問題の原点が行方不明になる事もあります。

 

不快にさせたのは相手だ。だからあいつが悪いとなってしまう訳ですね。

 

でも、本当に当てなきゃならない焦点は、相手が取った行動なり、言動の根拠であって、そこを理解しないと問題の解決にはならない訳です。

そして、共にいる事を選択するのならお互いに歩み寄る事が必要になります。

 

私の母親は毒親ですから、分かりやすい例をお話します。

誕生日を忘れた息子(私の兄)に激怒し「情けない息子だ!」と言い放ち、何ヶ月でも怒りを向けています。本当は何を言いたいのかを伝えないと相手には伝わらないですよね。

 

情けない息子だと思っている事を伝えたいのか、誕生日を忘れられたことが悲しかったのか。

私的にはいい加減にせぇよという感じではありますが、母は単純に寂しく悲しかったのだと思うんです。

 

兄は謝っていますし、代替え案も提案したのですがもはや聞く耳を持っていなかったようです。

 

何度も言いますが、本当に面倒くせぇなと思うわけです。重いんです。

 

今まで誰かの愛情を「形」でしか受け取れなかった人には、自分で生み出す愛情と言う事に目が向いていませんし、相手の立場に立つと言う事が不得手なのですね。

 

まぁまぁ聞くワードに「Taker」がありますが、他者からの愛情で生きている人の事です。子どもではなくて、大人の話です。

 

Takerは相手に感謝の気持ちも愛する気持ちも表現出来ないのに、愛されたい願望が強く、他人軸であるために事態の責任を全て他者に押し付け、敵意まで向けてしまうのですね。

 

「愛してくれるから愛する」と言う、不安定極まりない状態です。

 

それ故に、そこかしこに行っては「〇〇がこうしたから傷ついた!」と愚痴を広める事で同情を買い、「酷いね!可哀そう!」の言葉を仰いで満たされているわけです。

そして周囲に味方を囲い、自分が正しい事を主張します。

 

これ、愛ですかね?

 

相手に愛情を求めているのに、自分からは愛せない見事な事例だと思います。

 

「寂しかったこと」「忘れていたことがショックだったこと」は素直に伝え、相手が「忙しさに忘れてしまった」ことに理解を示せば何のこともない出来事です。

 

物質的なものに「愛情」の価値を置いていたり、誕生日を覚えている事が当然と言うベースで愛情を測っている為に、自分が知る愛情の形以外は受け取らないと言う選択をしている事になります。

 

さらに言えば兄の場合はプレゼントのランクを上げるとまで言っていて、ちゃんと彼なりの誠意を見せていたので何とも可哀そうですf:id:komachi_emi:20210718195703j:plain

もういい加減親に振り回されるのはやめた方が良いと言うセリフが精一杯でした。

 

相互依存はお互いの感謝の上で成り立つ関係性です。

出来ないところを補って貰った、もしくは出来るけどその上で助けてもらったと言う感謝の気持ちです。

 

相手に全てを依存して、補ってもらっている事にも気が付けない状態ではないと言う事ですね。

 

自分の感情に責任を取る、自分で自分のご機嫌を取るのは結構大切です。

 

周囲も顧みずに怒りを巻き散らかしている人を見ると、大人じゃないなと思います。

 

会社にもいますが、でも私はその人は好きなんです。変な話ですけど(笑)

人間らしくて良いなって思います。

 

ただ、最終的に建設的な話が出来ない人とは極力かかわりたくないです。エネルギーが奪われるだけなので。

 

感情の処理は、自己責任ですから。

 

この手のTakerは大抵の場合話を聞いても、こちらの意見には全く耳を貸さない率が高いです。

 

自分にも経験のある姿なのですが、「自分の言いたい事」を分かってもらいたい気持ちが強すぎなのですね。

自分で埋めなければならない「穴」を他者に埋めてもらう事で誤魔化していると起こる気持ちです。

 

人に理解してもらう事が先に立ってしまって、自分でその気持ちを受け入れられていないのです。

「寂しかった」「忘れて欲しくなかった」と、自分が自分の気持ちに寄り添うことの方が先です。

 

「私の機嫌が悪いのはすべて、周りの人のせい」

これは究極にして最悪の他人軸だと思っています。

 

感情も自分の行き先も誰かに全てを任せた人生。

 

これほどまでに不幸な生き方はありませんし、自分の人生の舵はどこへ置いてきてしまったのでしょうか。

f:id:komachi_emi:20210718201700p:plain

 

文句があるなら自分で舵を握ればいいのです。

自分の足と手と口と頭を使えばいいのです。

 

私に話をしてくる人の中で、唯一成す術がないのが話を聞ける心構えがない人です。

 

自分の意見が強く、他者の意見を聞けない人はただの愚痴や承認欲求の為だけに時間を取るので意味がなく、こちらの時間の無駄です。

 

ただ、その人が選択している自由な生き方ですから、誰が何を言う権利もありません。

スピリチュアル的に云うと、その人はそれを学びたくてしている事になります。

私も元々はTakerでその経緯があって今があるわけで、その人たちもいつか気が付くと思っています。

 

もしも、みなさんの周りに心当たりのあるTakerがいる場合は、今はそっと距離を置くことをおススメします。

 

または、自分がTakerかな?と心当たりがあったら、まずは自分で自分の機嫌を取れるようになりましょう。

自分に寄り添い、感情をなだめてから冷静に話すことが出来たら素晴らしいですf:id:komachi_emi:20210702215641p:plain

 

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

 

この記事が良ければ、「★」マークをぽちっと押していただけると励みになります。

ブログの更新情報はInstagramからもご覧いただけます。
https://www.instagram.com/komachi33_11/

f:id:komachi_emi:20210718211453j:plain



PVアクセスランキング にほんブログ村